尼崎 (アマ)に住んどる、とある傾聴者の気まぐれ日記

神社行ったり、映画見たり、配達のバイトしてたり、日常話メインのブログwww

5年前の答えをようやく貰う

ヒプノ講師である今西まゆみ(http://hwonderland.jugem.jp/?cid=1)さんのラブワークとゆーワークショップが好きだ。

参加者全員で、

「どんな時に愛されてると感じるか」

「自分はどんな愛情表現をするか」

を発表しあい、

「もしかして、家族のアレって、愛情表現やったんや!」

「私の愛情表現って、伝わりにくかったんかも?」

と気づいたり、納得した上で、

「気づかなかったけど、愛されていた場面」

「自分らしい愛情表現をしている場面」

のふたつをヒプノで見に行く、とゆー流れ。

 

初めて参加してヒプノで見た時の、愛されていた場面では、ひと気ない遊園地でたったひとり、迷子になっていて、ただ太陽が燦々と照らしてくれていた(迷子の年齢的に、吹田の万博公園かな?と思った)。

そして自分らしい愛情表現の場面では⬇

f:id:matsu-hiro0113:20180614000628j:image

とゆー絵が浮かんできた。

とにかく意味がわからなかった。

わかるのは犬の散歩と湖、月が出てるって事だけ。

 

愛されていた場面の事は、まゆみさんに

「太陽に愛されてるなんて凄い!」

と云われ、

(あ、そーゆー事か!)

と納得したんだが、やっぱり月と湖と犬の散歩が愛情表現なのが、ホントに意味わかんなかった(私はどっちかっつーと猫派だし)。

 

コンビニ版HONKOWAで、あきばじろぉさんの『月明かりの守護霊さん』を読む。

ここで紹介される、アシスタントの女性はイタコの血筋で怖いもの嫌いだから、守護霊さんだけが見えるという人で、しかも学生時代のあだ名からくる呼ばれ方、初婚時の旦那さんの家系といー、不思議な能力に対しての考え方とかが、めちゃくちゃ私と似てて、すっごく共感覚えたんだが、そのラストひとコマが⬇
f:id:matsu-hiro0113:20180614000023j:image

あ、そーなのか?!

そーゆー事なんだ、とよーやく納得はしたんだけど。

 

で、具体的には何すりゃいーの?(笑)

 

〇○◯傾聴始めました。

夜8時から12時までのお好きな時間で、1時間1000円で承ります。

以下のメールフォームからご連絡ください。

 https://ws.formzu.net/dist/S9056316/