尼崎 (アマ)に住んどる、とある傾聴者の気まぐれ日記

神社行ったり、映画見たり、配達のバイトしてたり、日常話メインのブログwww

クズの本懐を見た

こーゆー、人の内面をただただ聞いてく感じのお話好きだ(笑)。

だけど、芦原妃名子さんの『piece』や、押見修三さんの『ぼくは麻里のなか』にハマってた頃と、ビミョーに違う自分が居た。

主人公達が、アンハッピーなのは平気。

成長した姿を見ても、以前のように楽しめない。

なんでだろー?

 

f:id:matsu-hiro0113:20180501213326j:image

 

別に、成長やら自立しなくてもいーやん。

最低最悪女が、(意外と)包容力のある真面目男にほだされて、まともになる必要あるんか? って、なんか違和感(苦笑)。

いや、最低最悪なまんまで、いなきゃいけない訳ではないですが。

全8巻あるマンガを、たった12話でまとめなきゃならないから、後半飛ばされただけかな?

桜田通クンが男主人公だから、ドラマ版も見ようかな、と検討ちう。

 

カラダ、アニマル、フリー・ヒプノ - 尼崎 (アマ)に住んどる、とあるヒプノ・オタクの気まぐれ日記