尼崎 (アマ)に住んどる、とあるヒプノ使いの気まぐれ日記

神社行ったり、映画見たり、配達のバイトしてたり、日常話メインのブログwww

大林宣彦さんが、ついに『花筐』 を撮られたとゆー

今年の冬に公開予定の映画は、商業デビュー作である『House』より先に、脚本ができていたモノだった。

 

大林監督は、とてつもなくポジティブな人だ。

『努力』とか『根性』って言葉が似合わないとゆーか、常に

「なるほど~。

面白いな~」

と感心して、受け入れちゃうイメージ。

嫌味とか意地悪なんかも、

「そーなんだー。

じゃ、こっちでやろー」

と、受け流しちゃうとゆーか。

 

それでも、『尾道三部作』などは、

「ふるさとを守る為の戦いだった」

らしいが。


f:id:matsu-hiro0113:20170826235921j:image

 何故、このタイミングだったんだろう、とも思うのだが、

「どんなに回り道しても、機が熟せばやれるもんなんだよ」

「だったら、それまでの間、ヤキモキして待ってるより、他にできる事で楽しんだ方が、ラクじゃない?」

と云われてるみたいだ。

 

 
[カラダ、アニマル、フリー・ヒプノ - 尼崎 (アマ)に住んどる、とあるヒプノ使いの気まぐれ日記