尼崎 (アマ)に住んどる、とあるヒプノ使いの気まぐれ日記

神社行ったり、映画見たり、配達のバイトしてたり、日常話メインのブログwww

「危ないよ!」を無視する人

氾濫する川べりに佇む人が居る。

溺れる度、助けだそうとするのだけれど、その人にとって、私は流れる板きれに過ぎなくて、岸に上げても、声かけても、安全な野原にまで移動してくれない。

せめて、助けたり声をかけてるこちらに気づいてくれれば良いけど、私はただの板きれだから、心の隅っこにも置いて貰えない。

f:id:matsu-hiro0113:20170324225751j:image

もーいーや(笑)。